hirosi's FotoPage

By: hirosi oono

[Recommend this Fotopage] | [Share this Fotopage]
[<<  <  [1]  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >  >>]    [Archive]
Wednesday, 2-Jan-2013 12:00 Email | Share | | Bookmark
 船が松の青い島々をめぐって行くうちに

 船が松の青い島々をめぐって行くうちに、同船の森知事が起って、かの老人たちを紹介した。今日この孔雀丸を浮かべるに就いて、旧藩時代の御座船の船頭を探し求めたが、その多数は既に死に絶えて、僅かに生き残っているのは此の数人に過ぎない。どうか此の人々の口から政宗公以来伝わって来た舟唄の一節を聴いて貰いたいとのことであった。
 素朴の老人たちは袴の膝に手を置いて、粛然と坐っていた。私はこれまでにも多くの人に接した、今後もまた多くの人に接するであろうが、かくの如き敬虔の態度を取る人々はしばしば見られるものではあるまいと思った。わたしも覚えず襟を正しゆうして向き直った。この人々の顔は赭かった、頭の髪は白かった。いずれも白扇を取り直して、やや伏目になって一斉に歌い始めた。唄は「鎧口説き」と云うので、藩祖政宗が最も愛賞したものだとか伝えられている。
探偵養成学校 - hirosi&apos;s FotoPage - Fotopages.com


Wednesday, 2-Jan-2013 12:00 Email | Share | | Bookmark
塩竈から松島へむかう東京の人々は

 塩竈から松島へむかう東京の人々は、鳳凰丸と孔雀丸とに乗せられた。われわれの一行は孔雀丸に乗った。
 伝え聞く、伊達政宗は松島の風景を愛賞して、船遊びのために二艘の御座船を造らせた。鳳凰丸と孔雀丸とが即ちそれである。風流の仙台太守は更に二十余章の舟唄を作らせた。そのうちには自作もあると云う。爾来、代々の藩侯も同じ雛型に因って同じ船を作らせ、同じ海に浮かんで同じ舟唄を歌わせた。
 われわれが今度乗せられた新しい二艘の船も、むかしの雛型に寸分たがわずに造らせたものだそうで、ただ出来を急いだ為に船べりに黒漆を施すの暇がなかったと云う。船には七人の老人が羽織袴で行儀よく坐っていた。わたしも初めはこの人々を何者とも知らなかった、また別に何の注意をも払わなかった。探偵養成学校 - hirosi&apos;s FotoPage - Fotopages.com


Wednesday, 2-Jan-2013 12:00 Email | Share | | Bookmark
その手振り足振りは頗る複雑なもので

その手振り足振りは頗る複雑なもので、尋常一様のお神楽のたぐいではない。しかも其の一挙手一投足がちっとも狂わないで、常に楽器と同一の調子を合わせて進行しているのは、よほど練習を積んだものと見える。服装と云い、踊りと云い、普通とは変って頗る古雅なものであった。
 かたわらにいる土地の人に訊くと、あれは飯野川の踊りだと云う。飯野川というのは此の附近の村の名である。要するに舞楽を土台にして、これに神楽と盆踊りとを加味したようなものか。わたしは塩竈へ来て、こんな珍しいものを観たのを誇りたい。
 私は口をあいて一時間も見物していた。踊り手もまた息もつかずに踊っていた。笛吹けども踊らぬ者に見せてやりたいと私は思った。
探偵養成学校 - hirosi&apos;s FotoPage - Fotopages.com


Wednesday, 2-Jan-2013 12:00 Email | Share | | Bookmark
囃子は笛二人

 囃子は笛二人、太鼓二人、踊る者は四人で、いずれも鍾馗のような、烏天狗のような、一種不可思議の面を着けていた。袴は普通のもので、めいめいの単衣を袒ぬぎにして腰に垂れ、浅黄または紅で染められた唐草模様の襦袢(?)の上に、舞楽の衣装のようなものを襲ねていた。頭には黒または唐黍色の毛をかぶっていた。腰には一本の塗り鞘の刀を佩していた。
 この四人が野蛮人の舞踊のように、円陣を作って踊るのである。笛と太鼓はほとんど休みなしに囃しつづける。踊り手も休み無しにぐるぐる廻っている。しまいには刀を抜いて、飛び違い、行き違いながら烈しく踊る。単に踊ると云っては、詞が不十分であるかも知れない。探偵養成学校 - hirosi&apos;s FotoPage - Fotopages.com


Wednesday, 2-Jan-2013 12:00 Email | Share | | Bookmark
探偵養成学校

"探偵になるためには、日本では特に資格は必要ないので、独学でも経験なしでも、公安委員会に開業の届け出さえ出せば探偵を職業として始めることができます。

一方で、探偵を目指す人の間では探偵養成学校の人気も高まっています。探偵養成学校では、座学の他、探偵として業務を行うために必要な、基本的な技術を学ぶことができます。

必須の項目は、張り込み、尾行、撮影、盗聴器発見です。これは日本において、探偵事務所に持ち込まれる依頼のほとんどが浮気調査であるということにも関連しているといえます。これができなければ依頼がこなせないわけですね。

探偵学校を卒業したからといって必ずしも探偵として成功するとは限りませんが、全くなにもアテがない、という場合には開業のとっかかりにはなってくれるのではないでしょうか。"
探偵 愛知
2chblog.jp


[<<  <  [1]  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >  >>]    [Archive]

© Pidgin Technologies Ltd. 2016

ns4008464.ip-198-27-69.net